アイビシュサマーダッシュ2016 ベツカント

 

@赤津葉月です。

 

2016年のアイビスサマーダッシュでは、単勝2.4倍の1番人気のベルカントが、4枠という内枠ながら、31.7秒の剛脚で、ネロに頭差で勝ち、馬券は、1,2,3番人気の決着でした。

 

2017年の今年は、昨年の2着馬のネロを始め、韋駄天Sを快勝したフィドゥーシアや、CBC賞で復調気配を示したアクティブミノルなど、剛脚自慢の馬が、今回も揃っています。

 

今回も、いつもと同じように、新潟芝1,000mの枠順別成績と脚質別成績、予想オッズを活用して、評価が低いにも関わらず、能力のある爆穴を探していきます。

 

新潟芝1,000m  枠順別成績表 2012~2017

 

新潟芝1,000m 枠順別成績表

 

一目瞭然で、完全に外枠有利です。ただ、回収率は外枠は悪いので、外枠が有利ということが、オッズに織り込み済みという印象ですね。3枠の回収率が突出しているのは、2012年の7月21日に、リトルゲルダが単勝16,490円で勝っているので、全体の回収率を引き上げています。

 

基本的に、人気馬が外枠に入れば、逆らわずに、馬券に入れて、内枠に入れば割引という、ごく、当たり前の考えですね。この表で、最も、注目したいのは、7枠と8枠の複勝率が、ほぼ100%という点です。

 

枠だと、偶数番と奇数番の馬が混在するので、馬番別の成績を調べてみました。

 

新潟芝1,000m  馬番別成績表 2012~2017

 

新潟芝1,000m 馬番別成績表 2012~2017

 

 

14番よりも外を、外枠と仮に定義しました。14番は、データ数は124と少ないのですが、単勝も複勝も、回収率が100%を超えていて、15番に関しても、複勝の回収率が100%を超えています。頭数によって、馬番は変わってしまうのですが、データからの傾向としては、最も外側の馬よりも、外側よりも少しだけ内側の馬の方が、回収率が高くなっています。

 

憶測ですが、1番、外側の馬は、無条件で買われるのに対して、外側よりも少しだけ内側の馬は、投票が鈍るという印象で、今回のアイビスサマーダッシュ以外でも、この傾向は重要だと感じます。

 

脚質別の成績の分析も考えたのですが、1,000mの場合、どう考えても、逃げと先行が有利であり、あまり意味がないと考えて、今回は、割愛しました。次に、火曜日時点の予想オッズから、1番人気の不安材料と人気のない馬の強調材料を探してみます。

 

アイビスサマーダッシュ2017 予想オッズ 1番人気の不安材料と低評価の爆穴!!

 

アイビスサマーダッシュ2017 予想オッズ 人気馬と爆穴馬

引用元:netkeiba

 

1番人気はフィドーシアで、前走の韋駄天Sでは、4枠8番の中目の枠から、早目に外側の位置を確保して、最後も追走してくる馬を寄せ付けず、0.2秒の完勝でした。前々走は52kgで春雷Sを買っていて、斤量の恩恵が大きいと思っていたのですが、前走は54kgでの好走であり、能力はかなり高いと思います。

 

不安材料は、1,000mのキャリアが1戦だけであり、未知な部分も大きいため、前走と同じパフォーマンスを維持できるかどうかが、鍵だと思います。外枠に入った場合、好走しそうですし、極端な内枠でない限り、馬券から切るのは危ないと思います。

 

さて、ここからが本題です。今回は、当初、予想する気はなかったのですが、馬柱と予想オッズを眺めていて、さすがにこの馬は、買わないとダメだろうという欲が働きました。今回は単勝万馬券が濃厚な爆穴ですが、その馬は…

 

サイビスサマーダッシュ2017  爆穴  ダンシングワンダー!!

 

アイビスサマーダッシュ2017 爆穴 ダンシングワンダー

 

近4走は、3,7,5,8着と、あまり成績が良くないのですが、前々走は1番人気、前走は4番人気と期待されている馬でした。前々走の敗因は、重馬場であり、未勝利戦の時に重馬場での勝利はあるのですが、基本的には、軽い馬場が合っていると思います。

 

あと、前走は、完全に出遅れています。あまり騎手批判はしたくないのですが、出遅れて、なぜか内目を走っていて、謎の行動です。ただ、中谷騎手の新潟芝1,000mの成績は、かなり良いので、騎手にしか分からない何かがあると思っています。

 

今回は、火曜日の時点のオッズが160.6倍で、さすがにこの数字は、舐められすぎているので、韋駄天Sのブレイズエターナルとは、0.1秒差の着差しかなく、出遅れを考慮すると、能力的には同等ですし、ブレイズエターナルが13.5倍なので、オッズと能力の関係を考えると、ダンシングワンダーを買いたいですね。

 

あとは、新潟芝1,000mの持ちタイムが、54秒1であり、昨年の2着馬のネロと同じなので、買い材料は多いと思っています。唯一の問題が、アイビスサマーダッシュは格上挑戦になるので、出走を回避する可能性があります。

 

ただ、出走すれば、相当、面白い穴馬だと思いますし、小倉の1,200mの1,600万条件に出走するという情報もあるのですが、さすがに小倉の1,200mは合わないのかなと。陣営の思惑は分からないのですが、是非、出走して欲しい1頭ですね。

 

正直、それ以外のメンバーだと、あまり穴馬がいないので、外枠の人気馬から馬券を組めば、当たりそうな気はします。その場合、配当は安くなりそうなので、どうしても、1頭、爆穴を入れたいですね。

 

今後も、回収率が1%でも上がるように、情報を配信しますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク