有馬記念 オルフェーブル

 

赤津葉月です。

 

有馬記念2017に出走しそうな馬を予想してみました。有馬記念は例年、1番人気の馬が強いレースですが、時々、単勝万馬券の馬が激走するレースで、枠順の有利と不利やコース適性によって爆穴が好走する時があります。

 

今回は、出走予定馬から、中山芝2500mの枠順や脚質の有利と不利を検証して、当日の予想オッズから1番人気を逆転できる穴馬を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

有馬記念2017に出走が濃厚な馬

 

ゴールドアクター

有馬記念2017 ゴールドアクター

 

2016年は宝塚記念には出走せず、天皇賞・春に出走後、オールカマー、その後、ジャパンカップに出走して有馬記念2016に出走しています。

 

有馬記念2015年の覇者ですし今年の日経賞と天皇賞・春は負けているのですが、宝塚記念で0.1秒差の2着と、復調していて、得意の中山2500mであれば力を発揮できると思います。平坦なコースや軽い芝よりも、坂がありパワー重視の馬場の適性が高いので、有馬記念2017に出走した場合、馬券から外すのは危ないと思います。

 

サトノダイヤモンド

有馬記念2017 サトノダイヤモンド

 

凱旋門賞2017は、アイルランドのオークスで1番人気に支持されて5馬身半差で圧勝したイネーブルが出走予定です。凱旋門賞は3歳牝馬の斤量が54.5kgと、非常に優遇されているので、この20年間で3歳馬は14回、優勝しています。

 

心情的にはサトノダイヤモンドが凱旋門賞を制して、その後に有馬記念2017年に出走すれば、年末の中山競馬場は例年よりも遥かに盛り上がると思います。予想というよりも希望的観測ですが、凱旋門賞に関しては生きている間に制して欲しいですね。サトノのGで勝てないという呪いも、今年は完全に払拭していますので応援しています。

 

サトノダイヤモンドは残念ながら、年内休養ですね。

 

キタサンブラック

有馬記念2017 キタサンブラック

 

宝塚記念では、先行馬が総崩れでまさかの9着でした。馬場が稍重でいつもよりも走りにくそうな感じだったのですが、結果論ですね。仮に逃げたとしても結果は変わらなかったような気はしますが、道中の向こう正面でデムーロ騎手騎乗のサトノクラウンが少し突いていたのが印象に残っています。

 

有馬記念2016では、最後の直線でサトノダイヤモンドにゴール直前でクビ差で差し切られたのですが、キタサンブラックの場合、併走した時の勝負根性がかなりすごいので、ルメール騎手の騎乗はお見事だったと思います。

 

冷静に考えると、有馬記念、宝塚記念もサトノの馬に負けているので、有馬記念2017にキタサンブラックとサトノ系の馬が出走するのであれば、私はキタサンブラックを応援したいですね。

 

有馬記念に関しては、馬券の利益を追うよりも御用納めのような感じなので、1番盛り上がる馬が勝って欲しいですね。キタサンブラックと武騎手が勝てば、仮に馬券が当たらなくても何となく納得できる部分があるので、本当の意味での祭りだと思います。

 

シュヴァルグラン

有馬記念2017 シュヴァルグラン

 

宝塚記念2017では、まさかの逃げで場内をどよめかせたのですが、結果的に先行馬が総崩れの流れとなり8着の惨敗でした。キタサンブラックも同じですが、宝塚記念に関しては展開が不向きだっただけであり、馬の能力で負けた訳ではないと思っています。

 

シュヴァルグランの場合、サトノダイヤモンドキタサンブラックのような一線級の馬に負け続けているのですが、G1を勝ってもおかしくない馬です。世代を呪う訳ではないのですが、2016年のアルゼンチン共和国杯以降、勝っていないので、有馬記念2017かそれまでのレースで勝って欲しいという気持ちを持っています。

 

サウンズオブアース

有馬記念2017 サウンズオブアース

 

2014年のはなみずき賞以来、2着が7回とシルバーコレクターですが、ポテンシャルは相当高い馬ですね。ただ、2017年は、6着、4着、13着と京都大賞典も惨敗だったので、2015年の有馬記念は2着だったのですが、有馬記念2017で期待するのは、少し無理があるような気がします。

 

アルバート

 

有馬記念2017 アルバート

 

有馬記念2016では、12月初旬のステイヤーズSを勝利した後の参戦でしたが、ゴール前で先頭集団に猛追するも、0.7秒差の7着でした。ステイヤーズSは3連覇の期待が掛かっているので、ステイヤーズSの3連覇後に、有馬記念2017に出走すれば、かなり面白い穴馬だと思います。

 

有馬記念に関しては、少し距離が短いという印象の馬ですが、元々は、最後方からの追込みを得意としていて、近走は中団から良い脚を使うようになっているので、チャンスはあるのかなと。新馬戦以外、全ての着差が1秒未満であり、有馬記念2016では本命だったので、去年の忘れ物を取り戻せたらいいなと考えています。

 

ミッキークイーン

有馬記念2017 ミッキークイーン

 

宝塚記念2017では0.3秒差の3着であり、エリザベス女王杯2017は最速の上がりで着差なしの3着でした。昨年の有馬記念では、7番人気ながら0.5秒差の5着と健闘していて、ミッキークイーンも、アルバートと同じく、新馬以来、全てのレースの着差が0.5秒以内という、超・堅実な馬です。

 

後方から追い込むことが多いので、展開次第の面もあるのですが、どの競馬場でも好走可能な万能型なので、昨年と同じように7番人気の低評価であれば、軸にして買うのも面白いのかなと。キタサンブラックが1番人気だと思うので、回収率を重視するのであれば、ミッキークイーンはアリだと思います。

 

ヤマカツエース

有馬記念2017 ヤマカツエース

 

天皇賞・秋2017では、不良馬場で走る気をなくしたのか、2.5秒差の11着と惨敗でした。ただ、有馬記念2016では8番人気で4着と大健闘だった訳で、大阪杯2017ではサトノクラウンなどに先着しての3着と、人気の盲点になるのであれば、積極的に買いたいですね。

 

金鯱賞2016から本格化している感じなので、東京の軽い馬場よりも中山のような馬場の方が合いそうですし、中山は過去3戦しか走っていないのですが、1着2回と重賞を2勝していて、有馬記念2016でも僅差なので、実は中山巧者の馬だと思っています。

 

レース当日になるまで、最終的な本命を検討しますが、ヤマカツエースが出走するのであれば、かなり好みの馬ですし、ここで激走しても全くおかしくないので、楽しみですね。

 

レインボーライン

有馬記念2017 レインボーライン

 

今年、個人的にお世話になったのがレインボーラインですね。天皇賞・秋2017では極悪の不良馬場の中、キタサンブラックサトノクラウンに先着を許したのですが、4着以下の馬を引き離して、道悪であればかなり強いという印象を植え付けました。

 

雨が降って馬場が渋れば、自動的に馬券に入れてもいいという位、不良馬場に強い馬です。レインボーダリアも重馬場に強いという印象だったので、全てのレインボーの馬が道悪巧者という感じで、多分、錯覚だと思います。

 

ステイゴールド産駒で、中山芝2500mとの相性は抜群な訳で、当日の天気や馬場状態次第では、軸にしようかなと考えていて、ヤマカツエースと同じく、あまり人気になりそうにないですね。

 

以上が、有馬記念2017に出走しそうな馬ですね。キタサンブラックが有馬記念2017で引退なので、オルフェーブルと同じように、圧勝劇で2017年が終わればいいなと。そして、少し紐が荒れて馬券収入も確保できれば、有馬良ければ全てヨシな訳で、感情的にも馬券的にも、納得のできる終わり方ですね。

 

今年はホープルフルSがG1に昇格しているのですが、個人的には有馬記念が最後で良いのかなと。来年に希望を持ち越すよりも、有馬記念で終わって、金杯で始まる方が、好きですね。

 

来年も、予想家として記事を量産しますので、よろしくお願いします^^

スポンサーリンク