仮想通貨 取引所 買い方 銘柄 ビットコイン

 

@赤津葉月です。

 

今回は、競馬とは関係ないのですが、今、話題の仮想通貨を紹介させて頂きます。競馬に1,000万を投資して、1億を目指しているのですが、競馬の場合、平日が地方競馬しか開催されていないので、大きな機会損失になっています。

 

今、平日に、仮想通貨に投資していて、毎日、1~5万円を目安に、短期的なトレードを行っています。今回、仮想通貨の買い方から、リスクやリターンなどを紹介させて頂きます。

 

 

そもそも、仮想通貨とは、一体何なのか?

 

私の知人や友人に、仮想通貨の話をすると、”騙されている“とか、”危ない投資だ“とか、否定的な意見が多いのですが、私は、2017年の5月から仮想通貨に投資していて、世間が言うほど、危ないものではないと考えています。

 

FXが世の中に浸透する前も、似たような感じで、主婦の方が億万長者になってから、FXが儲かるという風潮になり、今では、FXは、投資の対象商品として、不動の位置を築いています。

 

そもそも、仮想通貨とは何なのか?という話ですが、楽天ポイントやTSUTAYAポイントのように、ネット上で利用できるお金というよりも、ネット上で仮想的に作られた通貨であり、現時点では、実用性というよりも、実用性が不透明な仮の通貨であり、その通貨の将来的なスペックに応じて、価格が形成されていると考えています。

 

最近は、国内でも、ビッグカメラのように、ビットコインを取り扱う店舗が増えてきたのですが、ビットコインを買って、ビッグカメラで電化製品などを買うという方は、本当に稀で、ビットコインの今後の期待値に対して、世界中のお金が集まっている状況です。

 

ビットコインはどうやって作られて、どのように売買されるのか?

 

ビットコインは、マイニングという技術で、採掘されます。金やダイヤモンドなどは、鉱山などで採掘されて、その後、精製されるのですが、ビットコインは、パソコンなどのハードウェアで採掘されます。少し、イメージが難しいのですが、仮想通貨のマイニングはパソコンがあれば、誰でも採掘が可能です。

 

採掘のイメージは、あからじめ、数千種類のクイズがあって、パソコンを使って、そのクイズに答えて、最初の回答者に、ビットコインなどの仮想通貨が配布される感じです。そして、クイズの問題数が少なくなればなるほど、クイズの難易度が上がる仕組みで、ビットコインの場合、その発行枚数が、2100万枚と設定されていますので、それ以上は採掘できないようになっています。

 

発行されたビットコインなどは、仮想通貨の取引所で売買されます。2017.7.30現在のビットコインの相場は、1枚で約30万円となっていて、毎日、この価格が、需要と供給の関係で変動します。この変動率は、株とは比べ物にならないほど、幅があり、1日で50%以上、値上げする場合もあれば、50%以上、値下がりする場合もあります。

 

実際に仮想通貨を売買するには、国内か海外の仮想通貨の取引所で、会員登録をする必要があり、取引所に日本円を入金して、好きな銘柄を売買して、その差益で利益を形成します。仮想通貨の初心者の方にお勧めなのは、”コインチェック“と呼ばれる国内の取引所で、初心者の方でも使いやすく、まず、コインチェックで売買の練習をして、その後、poloniexなどの海外の取引所で、売買をするのが、お勧めです。

 

※コインチェックの登録はこちらから。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコイン以外の仮想通貨の種類と人気の銘柄は!?

 

ビットコイン以外にも、アルトコインと呼ばれる銘柄があり、コインチェックでは、ビットコインを含む12種類のアルトコインを売買できます。その中でも人気があるのが、リップルという銘柄で、2017.7.30時点では、1枚、約18円ですが、数年前は1枚、0.7円の時代があり、その時に100万円分のリップルを購入していた場合、現在は、約2,600万になっています。

 

実際に、リップルの売買で億万長者の方も多く輩出しており、まだまだ、仮想通貨市場は、あまり大きくない市場なので、今後も、リップル成金のような億万長者が誕生する可能性を秘めています。

 

SBIが、今夏に大規模な国内の取引所を開設する予定で、現時点では、いつ頃、開設されるのかは不透明ですが、SBIのような大手の企業が仮想通貨の市場に参入するのであれば、仮想通貨の市場に大きな資金が流入する可能性もあり、現在の仮想通貨の価値を底上げする可能性を秘めています。

 

ビットコインやリップル以外にも、イーサリアムやネムなどの下記のような銘柄があり、株の取引きとは異なり、24時間中、いつでも売買できるのが特徴であり、最近は、会社員の副業としても注目を集めています。

 

コインチェック 12銘柄

 

コインチェック 銘柄 一覧表

 

私はギャンブルが好きなので、コインチェックの12銘柄の内、Augurという銘柄に投資しています。この銘柄は、将来的に、カジノのような賭博場で使われることを想定した仮想通貨であり、カジノのチップがAugurになれば、今の内に、Augurを買っておけば、仮に価値が上がらなくても、カジノで使えるのであれば、悪くない投資と考えています。

 

国内の競馬や海外の凱旋門賞などで、日本円以外でも賭けられるような仕組みができれば最高ですが、仮想通貨は、そういった妄想が現実化する可能性も秘めていて、仮想通貨の価値が高まれば、日本円も増えますし、マネーゲーム化する前の、株式投資に似ていると思っています。

 

ここまでは、仮想通貨の概要や、良い面ばかりを書いてきましたが、相場が乱降下するので、当然、リスクも特大です。次項は、リスクに関して、詳しく説明します。

 

仮想通貨のリスクとリスクを軽減するための対策とは!?

 

まず、仮想通貨の大きなリスクとして、仮想通貨自体の価値がなくなることが挙げられます。アルトコインの中には、海外の取引所で、突然、取引ができなくなる銘柄もあり、株の企業の倒産と同じく、文字通り、仮想通貨の価値は0になります。

 

現在、ビットコインが仮想通貨の主軸通貨になると予想されていますが、2011年に、マウントゴックス社が114億円のハッキングの被害に遭い、その後、ビットコインの価値も、大きく暴落して、元の価格に戻るのに、数年を要しています。

 

2つ目のリスクは、仮想通貨を取引所で購入した後に、取引所に預けている場合、その取引所がハッキングなどの被害に遭った時に、仮想通貨が失われる可能性があります。対策としては、仮想通貨を取引所に置いたままにせず、PCはスマホの”ウォレット“と呼ばれる仮想の財布に送金すれば、仮に取引所が破綻した場合でも、仮想通貨は手元に残ります。

 

また、メールアドレスやパスワードのハッキングを防ぐには、他のサイトと同じパスワードを使い回さないことと、パスワードを複雑にする方法がお勧めです。次のサイトでは、強力なパスワードを自動で生成することができます。

 

⇒強力なパスワードの生成サイト LUFTTOOLS

 

他には、TREZOR(トレザー)と呼ばれる外付けハードディスクのようなウォレットがあり、その中に仮想通貨を入れることで、PCやスマホがハッキングにも対策することができます。

 

 

コインチェックでは、二重認証を施している方に対して、最高で100万までを補償するサービスを始めています。二重認証とは、メールアドレスとパスワードを入れた後に、スマホで、グーグルの認証システムというアプリを利用して、パスワードとは別に、6桁の数字を入力して、ハッキングの被害から仮想通貨を守るサービスです。

 

コインチェックの場合、二重認証をしている方のみ、100万の補償を受けられますので、仮想通貨の売買を行う前に、二重認証の設定を行うことを、強くお勧めします。

 

仮想通貨の仕組みとリスクのまとめ

 

まだまだ、仮想通貨は危ないとか、怪しいという評価が多いのですが、個人的には、仮想通貨のリスクとリターンを理解して、投資を行うのであれば、十分にリスクを軽減できる投資商品だと思っています。時々、仮想通貨を代行で売買するという業者やセミナーを見かけるのですが、大切なお金を預けるよりも、国内の取引所などで、売買することをお勧めします。

 

特に、コインチェックは、日本人向けのサイトで、遊び感覚で売買ができるので、仮想通貨の初心者の方には、強くお勧めします。コインチェックのデメリットは、ビットコイン以外の手数料がかなり高いので、ある程度、売買に慣れた後は、他の取引所の手数料を調べて、割安な取引所を探すのも、効果的だと思います。

 

今回は、競馬とは全く関係のない記事でしたが、競馬の資金を捻出するために、私も、仮想通貨に投資しています。まだまだ、仮想通貨の売買は始まったばかりですので、今の内に、少額の投資をしておくことで、将来、億万長者になれる可能性を秘めています。

 

競馬や仮想通貨に関して、何か、ご質問がある方は、お問い合わせください。最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございました。

 

※コインチェックの登録はこちらから。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク