競馬 初心者 パドック 馬の見方

 

@赤津葉月です。

 

今回は競馬の初心者の方に向けた記事で、パドックの見方を解説します。私は馬にあまり興味がないので、白いのか黒いのかあとは茶色なのかという程度でしか馬を見分けることができません。

 

我流になりますがパドックで馬を見るポイントと、穴馬を当てるための馬券の買い方をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

馬の精神状態を見極める

 

馬の精神状態は普通の方よりもよく分かります。なぜ、馬の精神状態が分かるのかと言うとリアルは心理カウンセラーなので、馬も人も特定のポイントを見ていると大体分かります。

 

馬を見る場合、体型であるとか筋肉の張りとか、毛並とか発汗とかひずめとか、足の爪が補修されていないかとか、パドックの内側ではなく外目を気分良さそうに回っているとか、かなり見る部分があるので最初の頃は本当に苦労しましたし、苦労して馬を見極めても全然当たらないので何だかなと。

 

以前武豊騎手が騎手でも馬を見ても馬の状態が分からないのに、競馬ファンの方は一体どこに着目しているのだろうという話があり、騎手の方が分からないのに私が分かる訳がないと。

 

とどめは知人に厩舎の関係者がいるのですが、今週のG1はあまり期待できないですねという情報を頂いて、ある意味インサイダーですが競馬専門紙とかスポーツ新聞を見ると絶好の勝負気配というのを見てバイアスが掛かり過ぎだな~と。

 

そのG1では私は馬券は買わなかったのですが、2番人気で惨敗で忘れもしないのがその時のパドックでとあるパドック解説者が1位に推していて、何も信じられないなと思いました。

 

パドックは未勝利戦と新馬に特化する

 

その後、馬を見ても本当に何も分からないので、元陸上部なのですがトモの大きさとかそういうのは何となく分かりますし、胴が短くて足も短ければ1200m向きだなと。ただ、オープンクラス位になると戦績でコース適性は分かる訳で、未勝利戦と新馬戦こそパドックが面白いのかなと。

 

最初はグリーンチャンネルのパドック映像を録画してずっと眺めていたのですが、全く分かりませんでした。正直、写っている間だけ暴れることもある訳で、パドック映像で馬券を買うのはかなり危ないなと。

 

その次にやったのがパドック解説者の予想のとおりに馬券を買うことにしたのですが、パドック解説者の方の大半は初めに競馬専門紙などで印を打ってから解説するので、どう考えても印の馬が上位になります。勿論、パドック解説者の中には馬の状態だけで判断される方も多いのですが、それでもあまり参考にならないなと。

 

あとはパドックで推奨されるとその馬に投票が集中するので、1番人気がさらに人気になるだけで仮に馬券を当てたとしても配当が安くなります。正直、パドックは諦めかけていたのですが、そんな中、この本を見つけて本当になるほどなと思いました。

 

冒頭でも書いたのですが未勝利戦と新馬戦の場合、馬の精神状態を見るのがかなり効果的です。初めての競馬場で初めてのパドックであればキョロキョロする馬もいますし、耳を閉じて不安になって怯えている馬もいます。

 

私の場合、競馬とか馬券であまり難しく考えて賭けるのは苦手なので、例えば小倉1200mの場合、パドックで入れ込み満載の馬とか、二人引きで前に前に行こうとする気性の激しい馬を買うことが多いです。1000mになると落ち着いた馬は出遅れやすいので、ゲートにぶつかるんじゃないかという位激しい馬が好きですね。

 

逆に、1800mとかだと今度は落ち着いた馬がいいので、比較的優等生っぽい馬から買います。ここが難しいのですがやる気がないのか落ち着いているのかが分かりにくいので、判断が付かない場合はその馬から買いません。ずっと見ていると大人しい中にも静かなる闘志を秘めている馬がいるので、そういう馬は好きですね。

 

古馬だとダイワスカーレット的な気合の入り方の馬は本当に好走しますし、気性の激しさを理性で抑制しているような感じなのでキタサンブラックにも近いものを感じます。

 

パドックで馬を見るポイントは「目」

 

結局どこを見ればいいという話ですが、私は目を見ています。人のカウンセリングでも、目を見ていて初対面で会った時にこの人はやばそうだとか、顔から下は笑っているのに目が笑っていないなとか。感情が宿るのが目なのですが目を見て精神状態が分かれば、激走するか凡走するかは未勝利戦と新馬戦であれば判別が可能です。

 

500万以上のクラスになると馬の精神が成長しているので、あまり分からないですね。あと、ダート馬の場合、不器用な馬が多く、馬は元々臆病な馬なので馬群に入るとダメな馬が多いです。パドックで何となくこの馬は良さそうだという馬は、極力、買うようにしています。その際にこの馬いいな~と思った時にオッズを見て、1番人気とかオッズが低い時は買いません。

 

これは私が馬券を買う上での方針ですが、1番人気というのは文字通り1番勝ちやすい馬です。色々な方が競馬を研究しているので血統であったりスピード指数であったり枠順の有利や不利、ラストの末脚など、そういったものが全部加味されて積み上げられたのが1番人気の馬ですね。

 

ここで他の方と同じ買い方をしてしまうと当たる回数は増えるのですが、配当が安くなるので繰り返せば繰り返すほど控除率の罠にはまります。自分しか知らない穴馬を見つけてそれを永遠に続けるというのは馬券術の基礎なので、正直、全然当たらないのですが、時々、単勝万馬券を当てたりするのでトータルでは黒字です。

 

回収率を100%以上にするには本当に無駄な馬券が買えなくなるので、最近はFXとか仮想通貨で本当に楽だなという感じです。競馬は難攻不落な分知恵を使わないと勝てないので、最近はお金が欲しいというよりも他の競馬ファンの方をどうやって出し抜くかばかり考えています。

 

こんな感じなので毎週の重賞予想は本当に当たらないのですが、一撃が重いので1年で5~10回、重賞で当たれば御の字ですし、当てようとしていないので基本ははずれ馬券ですね。

 

今回も色々と書きましたが人とは違う視点で予想をしていきますので、今後もよろしくお願いします。

スポンサーリンク