競馬で予想オッズを計算する方法

 

@赤津葉月です。

 

今回は競馬開催日の前日に、当日のオッズを予想する方法を説明します。

 

私は37歳まで会社員で働いていたのですが、土日は家族サービスなどでかなり忙しく、理想はリアルタイムでオッズを取得したかったのですが、正直、そのような時間はありませんでした。

 

そんな中で、何かレースの前日にオッズを計算できないか考えていて、最初は競馬ブックの予想オッズを参考に馬券を購入していました。

 

ただ、競馬ブックでも当日のオッズとはかなり開きがあり、予想オッズは2倍で実際は5倍ということが頻繁にあり、参考にはするのですがもう少し精度が高くなればいいなと。

 

今回はある程度レースの前日に、予想オッズを予想する方法をお伝えします。

 

競馬の前日に最新のオッズに匹敵する予想オッズを調べる方法とは!?

 

私の予想方法はスピード指数と呼ばれるものを、数種類も組合せて馬券術を構築しています。

 

競馬の指数の中で最も精度が高いのは、間違いなく日刊コンピ指数です。この指数は日刊スポーツにも記載されているのですが、新聞の場合、当日しか購入できないので、私は、レース前日の20時位にコンピ指数を閲覧して予想オッズを考えています。

 

具体的には、例えば、コンピ指数が90か88の場合、当日のオッズは1.1~1.6倍位の範囲に収まります。逆にコンピ指数が90とか88で3倍以上であれば、能力が高い割に評価されないということになりますので大きく勝負することも可能です。

 

コンピ指数はかなり研究されている指数なので、例えば、投票締め切りの10分前に、コンピ指数が90だった馬が3倍以上であった場合、妙味があると考えられる方が一定数居られるので、投票が集中することにより1倍台前半に、オッズが調整されます。

 

勿論、そのままということもあるのですが、私が10年位、オッズを調べている中でコンピ指数90の馬が3倍以上というのはあまり記憶にありません。

 

コンピ指数の並びも重要で指数1~3位は概ね1~3番人気になることが多く、特に1番人気の馬はコンピ指数が1位であることがほとんどです。

 

つまり、コンピ指数の指数の順位と数値により、ある程度のオッズの範囲を割り出すことができます。

 

コンピ指数をターゲットに外部指数として入力する方法もあるのですが、私は、この方のサイトを参考にして、数値毎の平均配当=予想オッズとしています。

 

コンピ1位指数別成績|日刊コンピ指数で競馬予想する桜星男のサイト

 

競馬開催日の前日に効率的に穴馬を抽出する方法!

 

 

アナログになるのですが、私の場合、レース後に不利のあった馬や出遅れた馬などをターゲットのコメント欄に記録しておき、次走で走る場合に抽出できる仕組みを作っています。

 

その際に競馬ブックのコメント欄を調べて、前走の不利について情報が書かれているかどうかを確認しています。そして、不利の情報がない場合は専門家でも忘れているということになるので、今度はコンピ指数を使って指数が第何番目の評価か確認しています。

 

この際に、仮に7番人気以下などであれば私しか知らない穴馬ということになり、前走の不利がない状況であれば、好走する確率が高くなるので誰も知らない情報こそ期待値の馬券に繋がるので、こういったアナログのデータも蓄積しています。

 

あとは休み明けだけ走る馬とか特定のコースだけ走る馬という感じでキャラを分けて、そういった馬が好走する条件に出走する場合、コンピ指数で人気を把握して評価されていなければ賭けるというような戦術で馬券を購入しています。

 

それ以外にも企業秘密になるのですが、特定のスピード指数の内とある条件の場合は好走率が何%以上というようなデータを持っているので、1番人気だけはほぼ買わないような状況です。

 

1番人気は、1番、確実に負ける馬券と考えているので、本命党の方とは意見が喰い違うのですが、的中率を上げるというのは1番人気に近い馬を買うということで的中率を上げるとどうしても回収率が下がってしまうので私の場合、回収率を優先しています。

 

面白くない買い方だとは思うのですが、長く競馬を続けていくには常に勝ち続ける必要があるので、10年近くこの姿勢を貫いていて、10年、競馬資金以外を使うことなく今でも競馬を続けています。

 

競馬で利益を上げ続ける肝は能力が高い反面、評価されていない穴馬を狙い続けることです。時々、高配当が当たるとどうしても油断してしまうのですが、競馬の控除率はパチンコやスロットに比べて非常に不利なので隙があれば本当に負け続けます。

 

競馬の場合、株やFX以上に難易度が高く税金面も不利なので、競馬の投資で利益を出すことが可能になれば、他の投資でも負けにくくなるというメリットがあります。

 

私は今、仮想通貨に投資しているのですが、仮想通貨の場合、売買の時の手数料が競馬の控除率に相当するので一方的に負け続けるというのは稀です。

 

今後、回収率が1%でも向上するように少しでも有益な情報を配信していきますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク