パチスロ 5万円 稼ぐ 方法 ジャグラー

 

@赤津葉月です。

 

今回は、競馬とは直接関係のない話ですが、パチスロのジャグラーで5万円を稼ぐ方法を書かせて頂きます。私は元々会社員で、毎日、会社の帰りにパチスロを打って年に100万以上を稼いでいました。

 

会社を退職した後に、アフィリエイトやネットビジネスを始めたのですが、正直、パチスロで月に5万を稼ぐ方が遥かに楽ですしすぐに効果が出ます。パチスロは3店方式で税金面が非常にグレーなので、本来、会社員の方に副収入がある場合、年に20万以上だと雑所得で確定申告を行う必要があります。

 

税金の面を考えてもパチスロは相当有利ですし、今回はジャグラーで月に5万を稼ぐ方法を紹介しますが、パチスロで勝つための基本的な考え方になりますので、他の機種でもアイデア次第では、通用する技術ですので競馬資金やお小遣いを捻出するために今回の方法を活用してみて下さい。

 

ジャグラーで月に5万を稼ぐ上で最も重要なのは店選び!

 

店選びを間違えるとどんなに効率的な立ち回りを行っても、長期的に考えると負けるようになっています。短期的には一撃万枚とかで利益が出る場合もあるのですが、基本的に出るお店で打った方が利益が出ます。

 

ジャグラーの場合、設定を入れているお店でなければ打つ材料がないので、まず、前日と前々日の大当たり回数の履歴を見て、そのお店が、ジャグラーに力を入れているのかどうか判断します。

 

具体的には総回転数が3,000回以上で、ビッグとレジの合計が25回以上の台が、お店に何台あるのか調べます。3,000回転以上というのは、ある程度、稼働しているかどうかを見極めるための条件で、ビッグとレジの回数は仮に3,000回で25回であれば、合成確率が120分の1になるので高設定が期待できます。

 

アイムジャグラー 設定別 確率表

アイムジャグラー 設定 確率表

 

この表の合成確率に注目して頂きたいのですが、設定6でも合成確率は1/134.3であり前述した1/120よりも大きく下回るのですが、私がなぜ1/120を基準にしているかと言うと設定4とか5でも、打ち手の運次第で設定6の数字を上回ることがあるからです。

 

この表だけで考えると設定4からが機械割が100%を超えているので1/150でも十分という意見もあると思うのですが、月に5万を確実に稼ぐのであれば確実に5以上を掴む必要があり1/120に条件を設定してそういう台が入っているかどうかをチェックします。

 

一時期、1/100で立ち回っていたのですがさすがに1/100の台は皆無で、1/110、1/120と、少し甘めに台を探していた所、結構、そういう台を見つけることができたので、今でも夕方からパチスロを打つ場合はジャグラーの良い台を探しています。

 

ジャグラーで月に5万勝つための客層の見分け方!

 

店が決まった後は、次に客層を見ていきます。駅前であれば若い学生の方から主婦、会社員やご年配の方まで本当に色々な方が混ざっていて私は客層を見るのが好きなのですが、客層だけでその店がどのようなお店なのか、ある程度、判断できます。

 

パチスロで客層とか関係ない!という意見もあると思うのですが、若い方が多ければ技術介入度も高くなるので、店側としては設定を厳しく入れないと出玉を抜かれる恐れがあります。逆に、年金暮らしの方しかいないのであればあまり難しい機種を入れても稼働しないので、ジャグラーなどのAタイプの機種の設定が甘くなる傾向があります。

 

私が会社員時代に打っていたのは、駅前です。夕方になるとどの機種でもある程度、稼働しているので、特にジャグラーの場合、高設定を掴んで終日まで回すという方は4号機時代に比べると本当に少なくなったと思います。

 

良い意味でガツガツしていないので、ジェットカウンターの前でコインを大量に換金する方がいれ、その方が打っていた台を探して、回転数と大当たりの回数を見て打つかどうかを判断していました。

 

一般的に郊外店であれば、車での移動となるので、朝一から夕方まで稼働が長い傾向があるのですが、逆に駅前店では打ち手が頻繁に入れ替わりますので高設定を打てる機会が多くなります。

 

客層を見分けることでその店の特性が見えてくるので、あまりに若者やプロっぽい人が多く並びの辛いお店は避けて、前日と前々日の履歴から目立ったお店ではないけど意外と設定が入っているというお店を探すことができれば月に5万は安定的に稼げます。

 

ジャグラーで月に5万を稼ぐたった1つの条件!

 

すでに書いてしまったのですが、重要な条件なので何度も繰り返します。ジャグラーの台選びの基準は「総回転数が3,000回以上で、ビッグ+レジが25回以上」です。私は30回以上にしていますが30回になると、まず、落ちていません。

 

ジャグラーの場合、レジの確率に設定差があるのですが、この条件に加えてビッグに対してレジの比率が高ければさらに高設定が期待できます。ただ、私の経験なのですが、ビッグに偏る台は高設定でも低設定でも、一日中、偏る傾向があります。

 

例えば、ビッグが10回でレジが20回だと、一見、高設定に見えるのですが、私は、低設定でレジに偏った結果と判断していて、あまり打つことがないです。理想的なのはビッグとレジの比率が1:1で、ビッグ15回のレジ15回とかそういう台は割と安定して勝てます。

 

ジャグラーで月に5万円稼ぐためのその他の技術!

 

ジャグラーの最適なヤメ時は?

 

ジャグラーのやめ時はビッグかレジ後0ゲームです。あと100位回してやめようという気持ちは分かるのですが、仮にその100回で当たりが来た場合、その後、また、100回、回すことになるので、やめる時は大当たり後0ゲームです。

 

Aタイプに関しては0ゲームでやめるというのが基本ですし高設定の台を時間のある限り打って、ゲーム数を稼ぐというのが王道です。従って、やめる時は0ゲームでやめるべきです。

 

AT機やART機の場合、機種に応じてやめ時を考える必要があるのですが、今回は、ジャグラーなので0ゲームを徹底することで無駄な稼働が減るので、確実にパチスロの収支は上向くと断言できます。仮に100ゲームやめとした場合、10日の稼働でやめ時に対して1,000回、無駄が発生するので最低でも3万を失うことになります。

 

GOGOランプが光った後は1枚で揃える!

 

リプレイ外しが通用した時代であればパチスロで勝つためには目押しの技術が必要だったのですが、今は特に目押しの技術がなくても立ち回りさえしっかりしておけば、1年で負けることの方が難しいと思います。

 

ジャグラーの場合、最も効率的な打ち方というのは、常にボーナス絵柄を狙い続けるということで、GOGOランプを光らせずにボーナスの成立と同時にボーナスを揃えることで、毎回、1枚、無駄を省くことができます。

 

ただ、労力が半端ではないので目も疲れますし、現実的な方法としてはGOGOランプが光った後に、1枚でボーナス絵柄を揃えるというのは重要です。ボーナスの成立後はボーナスフラグが2重で立たないので、早く揃えないと損をします。

 

目押しの練習としてはボーナスが成立した時だけでなく、毎ゲーム練習することで1週間程度あれば誰にでも見えるようになると思っています。時々、調子が良い時は見えて悪いと見えないという方もおられるのですが、多分、見方を間違えています。

 

目押しとはリールの速度と眼球の動きを同調させるということで、電車に乗っている時に外の風景を見る時と似たような技術なので、一旦、コツを掴めばボーナス絵柄以外もはっきりと見えるようになります。

 

ジャグラーで月に5万を稼ぐ方法のまとめ!

 

① お店を選ぶ時は、前日と前々日の回転数と大当たりの回数をチェックする。

② あまり若い方が多い店では打たず、客手のレベルが低い店を選ぶ。

③ 総回転数が3,000回転以上でビッグとレジの合計が25回以上の台を選ぶ。

④ やめる時は、0ゲームでやめる。

⑤ GOGOランプが光った時は、1枚でボーナス絵柄を揃える。

 

以上を徹底することで、月に5万位は稼げると思います。実際、私も今は会社員ではないのですが、月に8万以上はパチスロで利益を出しています。勿論、ジャグラーだけではないので色々な機種を調べて、機種毎に打てる条件を決めて打っています。

 

今回は競馬とは無関係の記事だったのですが、お金に関することが大好きで、特に、ギャンブルの話であれば過去の経験も含めていくらでもネタがあります。

 

今後は競馬の記事を中心にブログを更新しますが、時々、仮想通貨の話とかも出ると思いますので、その際はよろしくお願いします。

スポンサーリンク