予想会社 悪質 優良 見分け方

 

@赤津葉月です。

 

過去に何度か競馬の予想会社に騙された経験があります。今はどう考えても自分で馬券術を考案した方が利益が出ますし、予想料をペイするためにはそれなりに馬券を買う必要があるので、今回はその予想料の回収に関しても書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

予想料が10万円の悪質な予想会社に騙される

 

まず、私が過去に騙された予想会社ですが、黒の馬券師(馬術師?)というサイトでした。半年の情報料が10万円で、毎週、1日に4つのレースの複勝の買い目が送られてきます。その頃は競馬のケの字も知らなかったので、プロの予想会社であれば大きく損はしないだろうと思っていました。

 

もう10年以上の前の話ですが、私の運が悪かったのは券種が複勝であり的中率がそこそこ高いため長期的な回収率で馬券収支を考えるという視点が欠落していました。今でこそ偉そうに回収率のことを書いていますが、正直、あの頃は本当のお馬鹿でしたし、予想料と馬券代だけで軽く100万は損をしたと思います。

 

券種が複勝の場合、人気馬であれば的中率が50%を超えてきます。的中率が50%以上であれば、2倍から利益が出るのですが、このサイトの予想は1.5~5倍位のレンジの予想を配信してくるので、仮に負けても5倍の配当が2回当たれば、負債を取り戻せるという感じで考えていました。

 

あと、始めた頃に7~10倍の複勝が連続で当たり、サイトには過去の的中実績も掲載されていたので素直に信じました。冷静に考えると過去の的中実績は改ざんが可能ですし、自分だけは騙されていないという気持ちが強かったので、周りから何を言われても無駄だったと思います。

 

半年位、そのサイトを利用して段々とお金がなくなってきました。次の半年はやめようと考えていた時に、指定の時間にメールが届かなくなりました。その後、レースが終わった後に予想が配信されるようになってきて「お客様のネットの通信状態が悪かったので残念でしたね。」的なメールを頂き、その時点で騙されていたことに気が付きました。

 

返金を求めることも考えたのですが、正直、面倒でしたし、この勉強代に関しては競馬で回収しています。

 

予想を買うのであれば予想料の回収も考える

 

月の予想料を考えた場合、半年で10万であれば月の金額は約16,000円です。毎月、16,000円を回収するためには、土日で8レース予想が送られてくるので、約40レースで16,000円を捻出する必要があります。

 

1レースに1万として月の総投資額が40万円なので、41万6千円のリターンで+-0ですね。回収率に換算すると104%となるので、最初から4%のマイナススタートということになります。複勝の場合、回収率が110%であれば年に数百万を軽く稼げる世界です。

 

例えば、年間に1,000レースで1点に1万を投じた場合、回収率が110%だと利益は100万になります。1点50,000円でも500万にはなる訳で、複勝の的中率の高さを考えた場合、資金によっては3年程度で億万長者になれます。厳密には1点の金額が多くなればなるほど、オッズが下がっていくので年で稼げる金額の天井は存在します。

 

話が逸れているのですが、月額の予想料が高額な場合、予想料をペイするためにはそれなりに馬券を買う必要があるので、予想を購入する場合は月の予想料と毎週、自分が賭ける金額のバランスを考える必要があり、それが面倒であれば予想は買わないことをお勧めします。

 

的中率90%以上や回収率200%は信じない

 

悪質な会社の特徴としては、的中率が90%以上とか回収率が200%以上など、極端な数字で宣伝することが多いです。回収率が200%もあれば年間に1000レースで1レースに1万を投じた場合、1年で1000万円の利益になります。予想を配信するのであれば1億位を現金で集めて、毎週、競馬場で買えばマネーロンダリングも可能となるので、どう考えても無理な数字ですね。

 

因みに、私の予想成績は的中率が15%程度で回収率が110%前後です。毎年、黒字を達成していますが、110%というのが今の自分の限界の数字なので、一時的には110%を超えてもレース数が多くなればなるほど110%に落ち着いてくる傾向があります。

 

あと悪質な会社の特徴として、レース後にメールが届く場合があり、後出しジャンケンの時があります。確かに、パドックと返し馬と締切直前のオッズというのは、競馬の予想でも重要な要素になるので、配信時間が締切時間の直前というのは、正論だとは思います。ただ、メールが来るのを常に待っていないといけない状態すし、正直、自分は嫌ですね。

 

正しい?予想会社の選び方としては、まず、過去の的中実績をエクセルなどで計算するか、ターゲットに買い目を全部入れて、過去の的中率と回収率を計算してみます。多分、良い数字が出ると思うので、それから3か月間、実際に予想の買い目の配信を受けてサイトのデータと偽りがあるかどうかを見抜きます。人間なのでミスはあると思うのですが、自分が予想を買い始めた後から極端に成績が悪くなるのであれば、改ざんの可能性が高くなります。

 

あとは、大数の法則というのがあってレース数が多ければ多いほど、データの信頼度は上がります。サイコロを10回振って6が1回も出ない場合でも、サイコロを1万回振れば6が出る確率は限りなく6分の1に近づいてきます。

 

運とかツキに関しては、この本がお勧めです。

 

この著者の主張では、公営ギャンブルは控除率が高いので絶対に勝てないと書かれていますが、競馬の場合、控除率を上回る過剰な人気馬が頻繁に出現するので、個人的には一方的に勝ち続けられるギャンブルだと思っています。

 

話が逸れたのですが、3か月の間、実際に配信される買い目と過去の的中実績に相違がなければ、一応は優良な予想会社だと思います。大半の会社の場合、たられば祭りで、1と3着で惜しかった!とか豪語されるのですが、はずれははずれですね。言い訳されても、はずれ馬券の代金は回収できない訳で、惜しかったから次は当たるはず!というのは見当違いな思考だと思っています。

 

会員が多くなればなるほどオッズが下がる

 

あとは、会員が多くなればなるほど、必然的にオッズは下がってきます。仮に自分が優良な予想会社を利用するのであれば、配信されている予想を独自の理論でアレンジして、他の会員の方と被らないように考えます。

 

競馬の場合、赤信号をみんなで渡ると全員死亡するので、全員が死亡するのを見届けて渡るか、同じルートを通らないというのが正解になります。結局、人と同じことをしても、控除率が高い分、手元に残るお金が減る訳で、自分しか知らない穴馬を、誰にも教えずに買うというのが、正直、正解なのかなと。

 

最終的に自分の頭で馬券術を構築できない限り永遠には勝てない訳で、予想配信はそのまま買うのではなく、上手くアレンジして自己流に仕上げるのが個人的にはお勧めです。

 

私も某所で月額3,000円で予想を配信しているのですが、先週末の時点での回収率が98%です。622頭を推奨した結果なので、個人的には悪い成績ではないと思うのですが、数字だけ見ると、勝ってないじゃないかと。ただ、使い方次第でこんな馬券も当たる訳で、実際に、私の予想を軸にしてこの馬連を当てられた方もいます。

 

【万馬券的中証明書】馬連で29万馬券!5年に1回の奇跡!

 

この文章の流れだと悪質な予想会社に騙されるなら、私の予想を買ってくださいという感じですが、そういう手法で誘導されている方も多くて嫌いですね。人に予想を売る位なら自分で馬券を買うというのは正論だと思いますし、会員の方が多くなればなるほど買い目が被るので、少し工夫が必要になるのかなと。

 

他の方と同じことをしても他の方と同じ結果になるので、私の場合、自分だけの馬券術は自分で使っています。締切直前のオッズを自動で取得して、購入するかしないかを判断させているので、PCの前に張り付く必要がないですし朝一に5分位で条件をセットして、そのまま放置ですね。

 

以前、そのシステムの売却の打診を受けたこともあるのですが、売らないですよね。一時的な売却代金よりも継続的な収入の方が重要です。ただ、色々な馬券術を持っているので、その中でも利益の出る買い目を配信しています。予想の構築だけで月に30,000円位の費用が掛かるので、多分、自分の真似をしても月に30,000円の費用をペイするには、結構、馬券を買わないといけないのかなと。

 

なぜ、予想を配信するのか?

 

あと、なぜ予想を配信するのかというと純粋に楽しいからです。自分の予想でお金が増えるのは嬉しいですし、承認欲も満たされるので一石二鳥ですね。ただ、無料の予想だと変なのが湧きますし、公衆便所は無料だから汚いのであって、1回1,000円とかだと綺麗になると思っています。

 

実際、無料で予想を配信をしていた時期もあるのですが、罵倒とか中傷誹謗とか、色々と酷かったです。それ以来、嫌いな人には予想は売らないという姿勢で予想を配信しているのですが、本当に良い方ばかりでさらに馬券術に磨きを掛けたくなってきます。

 

最後は精神論と、自分の予想は他の予想とは違います!的な感じになってしまったのですが、予想会社を使われる場合は、実際に馬券を買う前に3か月程度は様子を見ることを強くお勧めします。私も含めて、自分だけは騙されてはいないと強く思うので、周りが何を言っても無駄です。

 

あと、騙された方に対して、「ほら、騙された!」というのも傷口に塩を塗る行為なので嫌いですね。かわいそうと思うのであれば騙された分の半分位、負担すれば騙された方は二度と騙されないと思いますし、余計なお世話というのが正直な気持ちなのかなと。

 

リアルで心理カウンセラーをやっているので、時々、抽象論とか精神論になってしまうのですが、自分みたいなタイプの予想家は少ないと思いますし、オッズというのは人の思惑の集合体であり、思惑を数値化したものです。つまり、その数値を見ることで、期待されていない割に能力のある馬が浮かび上がるので、私の馬券術はオッズ+能力の差を調べるやり方ですね。

 

理論が分かっても、なかなか真似できないと思うのですが…。

 

今回は、リアルの友人が予想会社で予想を買おうとしたので、記事にしてみました。私の場合、リアルの競馬仲間から下手くそ呼ばわりされているので、反論する気力もないです。では^^

スポンサーリンク